1. ホーム
  2. その他
  3. その他
  4. しずる様
しずる様

商品説明

ルチル丸玉

エンジェルフェザー台座つき

アメジスト台座

ソーダライト

アメジスト

レピドライト

デンドライト2点

チビアメジスト2点


商品情報

カテゴリ その他
› その他
› その他

しずる様

しずる様

「skewer」とは「串」のこと。

全然駄目だ!

楼座の強引な論法に一同が困惑する中、戦人が反論。キターって感じのはずの展開なんだけど、微妙に盛り上がらない。

「頭がごちゃごちゃしてきやがった。少し整理させろ…。えっと…まず大前提として魔法は存在しない…」

「存在するぞ? 魔法は。くっくっく!」

なんやねんこの会話。

このアングルはかっこよくて好き。

他の誰でもない、そなた自身が扉を閉ざしているのだ

戦人はリザインを宣言。協調性のない言動について詫び、楼座も軽率な推理だったと謝罪。

紗音ちゃんのおっぱい。

「狼を追い出したってことっすか?」

戦人が発言した「狼」とは、真里亞の所持するクイズブック「狼と羊のパズル」からの引用。さすがにEP2のキーワードだからちゃんと尺を割く。

郷田が扉を開けると、どさりと床に倒れ込む人影。…物音の正体は瀕死の嘉音だった。

「犯人は……楼座さま……ァ……」

このへんのsale!DUVETICA(デュベティカ) ダウンコート ダウンジャケットの演技が色々すごい。

楼座への報告は後回しに、重傷の嘉音を手当てするため使用人室へ運び込む一同。

急に何かを思い立ち、外へと駆けだしていく紗音。そして彼女はボイラー室で何かを発見する。

使用人室では、先ほどまで死に瀕していた嘉音が急に立ち上がり、朗々と喋り始める。その異様な状況に驚きを隠せない南條。

「大丈夫、ほら。全然大したことないでしょ…?」

傷は痛くないのかと問われ、くちゅくちゅと傷口で自慰行為を始めちゃう嘉音。いやモザイクなんか修正するから、そういう風に見えちゃう…。

そのとき一閃。紗音は瞬時に跳び退いたものの、傍にいた南條と熊沢の首が切断され血が噴出。ここからが今回の見どころ。

紗音目掛けて飛び掛かる嘉音!

しかし間一髪で紗音を抱え寄せ床を転げて回避する源次。

紗音から蜘蛛の巣を受け取る源次。ここ作画もいいし、めちゃめちゃ渋くてかっこいいんですよ。

「な、何だったんだ今のは……。わた…、私は、確かにアレをこの手で……!」

蜘蛛の巣を押し付けられた嘉音は霧散して消滅する。そして郷田は眼前の出来事を信じられないといった表情で自身の掌を見つめるのだった。

…というところでエンディングへ。9話は序盤中盤かなりしんどかったけど、最後のアクションは割とキレキレだったので良かったかな。

しずる様

DeuxiemeClasse ♢ GROSSY ツイルトラックパンツ

「week square」は「相手にとって有利なマス」のことだとか。要は自陣の駒が効いてないマスのことかな?

楼座は前日に真里亞の受け取った手紙を思い出してゲストハウスへ。何事もなく寝ている真里亞の姿に安堵し、手提げの封筒から鍵を取り出す。

モザイクかけんなや!

礼拝堂へ足を踏み入れた楼座たちを待っていたのは、あまりにもグロテスクな光景。腹を割かれてお菓子を詰め込まれた親兄弟たちの死体だった…。

で、テレビ放送時はこんな感じでモザイク修正されてました。dアニメ配信版も修正verっぽい。

「しかし、今度はちゃんと顔が分かる! つまり容疑者を絞ることができるというわけだ!」

嘉音のマスターキーを借りて貴賓室に飛び込む朱志香。鍵をポケットにしまうところは今後の伏線になるので忘れず描写する。

喘息の発作を起こした朱志香は、嘉音を伴って自室へと戻る。薬で症状が収まったことを見届けたので退室しようとする嘉音を朱志香は引き止め…られない。

「人の心がくみ取れぬ、だからお前は"家具"なのよ」

なんかいっぱい出てきた!

なんのアニメやねん。

往年の少年漫画アニメみたいな引きでBパートへ。

Bパートは礼拝堂で発見されたという手紙の話から始まる。内容的にはEP1で真里亞が読み上げたものと同じものっぽい。前日に楼座が渡されたやつかな?

BGM「システム零」はアニメ独自の選曲。これが異様にハマってて、逆に原作読んでるときにBGMが違ってて「アレ?」って思っちゃうくらい。

作画の色指定ミス。そこを肌色にしちゃうのはマズくない?

「読みが当たったぜ、ざまぁみやがれ…」

嘉音の背後に迫る悪魔の杭だったが、朱志香が自らの命を犠牲にして庇う。

しかしサタンが杭の姿に化ける動作がクソダサい。あまりにもダサい。勘弁してくれ。

「僕の…本当の名前は…」

今際の際、最後の力を振り絞り互いに手を伸ばす二人。嘉音が、ニンゲンとしての本当の名前を告げようとするも、既に朱志香は息絶えていた。

それでも嘉音は、せめて彼女の元に手を伸ばそうと足掻く。しかし、届かない。

BGMは「Requiem」。駆け足急展開ながらも、ここのシーンには非常に心を揺さぶられた。

真里亞による魔法陣の解説。EP1でカットした部分の補足的な意味合いもあるのかな。

そして譲治が礼拝堂の施錠について言及する。犯人はどうやって礼拝堂を施錠したのか。

ここで再びメタ世界パート。密室殺人に対し、戦人は「隠し扉」などの可能性を考慮するなら推理不可能だと主張。

そして金蔵のウィンチェスター銃を手にした楼座が客間へと戻ってきたところで8話終了。

なんか、だいぶ怪しくなってきたぞ…。

しずる様

山崎12年 700ml 4本セット

「お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞー!」

親族会議へと向かう途中。ハロウィンがしたいと電車内で駄々をこねる真里亞。隣席の老婆がキャンディをくれるも、母親に取り上げられて、うーうー泣き叫ぶ。

一方、六軒島の屋敷では蔵臼と夏妃、そして使用人たちが着々と親族を迎える準備を進めていた。それにしても俯瞰アングル多いな。

「緊張するとカタくなる…上手いこと出ねえんだよな」

トイレの鏡でプロポーズの練習をする譲治。そこに個室から颯爽と留弗夫が登場。用を足しただけなのに何でカッコつけてんだこいつ。

該当の台詞はアニメオリジナルなんだけど、結構うまい言い回し。親族会議に向けて緊張してるのは留弗夫も同じだしね(何が固くなってるとは言わない)。

熊沢の語る悪食島伝説。本来、EP1序盤に軽く触れられていたんだけど、そのあたりの展開を飛ばしまくってたせいで、急に怪しげな話が湧いてきた感じに。

「お前がどんな手で来ようが、俺はお前を認めない。その一点を貫き通す限り、俺に負けはない!」

一方、大人たちは客間で仲良く話し合いを始めていた。それにしてもこの留弗夫のカットはEP1でも見たような。

「あ! NEAT Cotton Kersey|Brown - Tapered!」

しかし改めて見るとベアトのスカートが短くてびっくり。

屋敷で源次の出迎えを受けたベアトは、玄関で霧江とすれ違う。このアングル多いな!

このアングル多いな!

やっぱ家具の葛藤があっさりしすぎて、前回から急に塩対応になったように見えるな。

郷田のディナー、仔牛のステーキ!

当主さまに愛人などという汚らわしいものはおりません!

安定の夏妃。

「……魂になっても、ずっと、ずっと一緒です」

時間は経過し、EP1と同じくプロポーズの場面。前回と違うのは紗音がその場で指輪を嵌めるという点。原作初見時はめちゃめちゃ感動した記憶がある。

この時点で紗音の永遠は完成された。家具に未来がないなら、ここで世界を、人生を完成させるしかない。

その様子を遠巻きに眺める嘉音。彼の人生は完成されていない。だから未来が惜しい。まだ生への未練がある。

場面変わって礼拝堂。入り口脇にはライオンの像。

そしてLOUIS VUITTON.モンテーニュ MM.モノグラムアンプラントの高笑いでエンディングへ。

しずる様

Yohji Yamamoto POUR HOMME / レザー / ブルゾン その他しずる様その他 香綾しずる 様 【しずるのコント】 村上作 「能力者」 悲しくてやりきれない / おおたか静流 【しずるのコント】 KAƵMA作 「シナリオ」 おおたか静流 * 花(すべての人の心に花を) 【しずるのコント】 KAƵMA作 「消しゴム」 しずる池田 伝説のインタビュー 【しずるのコント】 KAƵMA作 「ピザ屋」 【永久保存版】一つ星シェフが辿り着いた人生最高の \"明太子パスタ\"【#シェフのワンパンパスタ】 【しずるのコント】 村上作 「冥土の土産」 【しずるのコント】 村上作 「凶悪犯」 【しずるのコント】 KAƵMA作 「思春期」 【しずるのコント】 KAƵMA作 「ルームシェア」 【しずるのコント】 村上作 「シチャクシツ」 【話題沸騰中】千鳥も苦戦!!芸能界一コントロール困難なKAƵMAを巧みに操るのは!人間操縦決戦KAƵMA2022『チャンスの時間 # 174』 【三四郎のオールナイトニッポン】(全4回)はんにゃ金田・しずる池田回詰め合わせ【作業用】 【しずるのコント】 KAƵMA作 「パチンコ」 【しずるのコント】 村上作 「籠城」 【しずるのコント】 KAƵMA作「永遠にクズ」 しずる 面白漫才20選「作業用・睡眠用」 なんで改名!?しずる・池田あらため『KAƵMA』屋敷の発言にガチギレ!!誰にも言ってないYouTubeチャンネルが5個あることが判明!?|『ニューヨーク恋愛市場# 17』ABEMAで配信中!

アニメもEP2に突入。今回は紗音・嘉音の過去話がメイン。「middle game」とは「中盤」のこと。

そこが、完成された世界だと信じられるなら。立派な一つの世界なんです

紗音と譲治は水族館デート中。水槽の魚たちにとっては、水槽の中こそが世界そのものであり、彼らにとっての海である…と持論を展開する紗音。

「紗代。…紗音っていうのは使用人としての呼び方だろう? 僕は君を本当の名前で呼びたいんだ」

尺的な都合もあり、原作のやり取りをテンポよくなるよう上手く改変している。譲治のキザっぷりが抑えられててこっちのがいいな。

祠から霊験あらたかそうな鏡を持ち出して地面に叩きつける紗音。そういや夏妃の霊鏡のくだりってEP1ではカットされてたよね。

紗音が譲治を気になっていると察知した朱志香はこの表情。今回デフォルメ顔が多め。

「低学歴で無能で無教養な使用人風情が出る幕じゃないの」

霊鏡を割るように唆すベアト。しかし魔女の囁きに耳を傾けてはなるまいと紗音は誘いを断る。そこに「紗音をいじめるな!」と嘉音が割って入る。

ここ、原作だとベアトが絵羽の罵倒を真似して紗音を威圧してる場面なんだけど、アニメだとそのへんカットしてるので、嘉音の台詞に違和感。

魔女は土産にと、黄金蝶のブローチを託す。このブローチは恋愛成就のマジックアイテム。ただし霊鏡を割らない限りは効力が発揮しないとのこと。

再び時間は進んで、1986年8月。事件の2ヵ月前ですね。

「お嬢さまはそのままで十分に素敵です」

自分に彼氏がいないことで気弱になる朱志香を紗音が慰める。百合アニメだ! 原作BGM「moon」が印象的。

沖縄土産を食べるベアト。

「曇っていても、私には海は美しく真っ青に思えます」

そう主張する紗音に対し、それこそが家具からニンゲンになった証だとベアトは告げる。愛がなければ視えない。

愛を知らない嘉音に対し、恋愛成就のブローチを託す紗音。

月の光に照らされる紗音が美しい。

ということで嘉音がやって来たのは朱志香の文化祭。海猫高等学校って…安直すぎない?

どっきゅん! どっきゅん!

「なんだこれは…バカみたいじゃないか…」

と冷めた目で見ていた嘉音だったが、ライブ中の朱志香の雰囲気が、普段屋敷にいるときとはまるで違うということに気付く。

「右代宮家のお嬢様をやらなければならない自分とは別に、自分の好きなことに精一杯な…もう一人の自分を作った」

「ニンゲンと家具は恋愛などできません」

朱志香の恋心を知った上で、きっぱり拒絶する嘉音。…まあこれ結局、自分自身への批判というか、なんというか、あ~って感じだよ。なあ?

「恋に狂え。黄金に狂え。そのどちらにも狂わぬ者など人間にあらず!」

6話は日常回というか、恋愛話を主軸に展開してるので派手さはないけど面白くまとまってましたね。

しずる様

百合漫画として人気のわたモテ。2011年より連載が開始され、2013年にアニメ化。

わたモテ序盤のギャグテイストをさらに濃くした雰囲気の作品。凝った演出も多く、映像的には結構気合の入った作品だな~という印象。

これは、とある女の子…モテない女の子のどうでもいい物語

「でさでさ~」「それっておかしくね~」「おかしいな…女子高生だが高校生と二か月近く会話していないぞ…

かっこいいオープニング。全てが変わる未来で会おう!

「くやしくねーし!」

根元&岡田も登場。アニメの中では「よく見かけるモブ」くらいの扱い。ネモの髪型が中学時代っぽいな。

もこっちママ。「買い物行ってくるけど食べたいものある?」「え、回鍋肉」

隈の濃い目元さえ隠せば美少女に慣れると確信する智子。蠱惑アイを隠すなんてとんでもない!

「すっげーブス!!」

智子の努力もむなしく、弟にブス呼ばわりされてしまう。第1話にして、もこっちトラウマになってそう。

「なんならいっそのこと今エンディングに行っても…」

傷の浅いうちに物語を終わらせようとするもこっちの台詞。最近の彼女とは対照的で、結局のところ根拠のない自信だけじゃ空虚なんだよね。

なんだこのレイアウト。視聴者の首が曲がりそう。

「お姉ちゃんってカワイイ?」「…普通

いやたぶん美人だと思ってるよ、こいつは。

場面変わって放課後の学校。夕方のシーン多くない? と思ったけどテスト終わりの半休らしい。ってことは昼? 日が暮れ過ぎでは?

担任に対して「さよなら」と声を絞り出す智子。成長の兆しというか、小さな一歩。

「自然に他人と会話できた!」と喜ぶもこっちがかわいい。

そしてモブ化。まあ、そういう気持ちは分からんでもない。

自分がなんとなーく見下してたものに向き合って再評価する。こういうことを繰り返してもこっちの価値観は変わっていったのだなあ。

イメチェンによる変装(ただしブスになる)で、クラスメイトに気付かれぬように立ち去る智子だったが、智貴とその友人たちに出会ってしまう。

ひとり公園で呆ける智子を迎えに行く智貴。こいつお姉ちゃんのこと好きすぎだろ。

第1話は原作の3話分を一つにまとめた感じ。尺に余裕があるのか、豊富なギャグ演出がたくさんあって楽しいけど、ちょっとクドく感じるところもあるかも。

しずる様

吉野北人 缶バッチを置いたのは一体…?

まいったな。わけがわかんない内に終わっちまったぜ

その声の主は戦人であった。戦人だけでなく真里亞に譲治、朱志香、さらに死んだはずの紗音と嘉音も登場。

キャラたちによる楽屋ネタだと思っていたら大間違い。魔女の存在を肯定する一同に対して戦人は「魔女なんているはずない」と全面的に反論して不穏な空気に。

ならば聞こう!

真里亞の手紙は? レシートの封印は? チェーンの密室は? 源次たちの客間は? 夏妃の自殺は? そして…この者たちの運命は!?

原作BGM「牢獄STRIP」でテンション上がりまくり。めちゃめちゃ熱い展開でどうしたものか。

ちなみにここの台詞、原作だと「梅干し1パック200円」なのだがアニメでは「1個200円」とちょっぴり高級志向になっている。

BGM「黒のリリアナ」は原作だとEP2のエンドロールなどで使用される曲。まさかここで流れるとは…って思ったけど、いい感じにハマってる。

「私は世界で一番残酷な魔女。どんな相手でも絶対に屈服させる」

 

……ということで、アニメEP1終了。

完走した感想ですが、「みんなが想像してるより全然面白いぞ」と言いたい。

絵羽と秀吉の死体を発見する一同。今回、顔の作画がやや崩れ気味。

密室殺人に頭を悩ませる戦人を煽る真里亞。作画が安定しないのもあってか、なんともムカつく表情である。

ここの笑い顔はデフォルメでかわいい。

嘉音がスイッチをカチカチ弄るも、ボイラー室の照明は点かない。妙に細かい描写である。

黄金蝶の群れと対峙する嘉音。今回の盛り上がりポイントその1かな? アニメの蝶のエフェクトは光の加減とか、綺麗だよね。

ボイラー室に駆けつけた一同。源次が照明スイッチを弄るも、やはり点かず。なんか執拗に描写してくるね?

床に倒れる嘉音の顔がいい。

犯人は鍵を所持している可能性が高いため、一同は書斎に籠城することとなる。天井から俯瞰するアングルがかっこいい。

夏妃がテーブルに置いた缶詰。…いや、缶詰だけど、一缶だけなの? それ一缶を8人で分けるの?

「私も…わかるな…」

しかし一つだけ置かれた鯖缶がシュールすぎる。

夏妃に気圧されて書斎を退室する源次たち。またしても俯瞰アングル!

使用人たちと真里亞を追い出した書斎。残された者たちの中には、なんともやりきれない空気が漂っていた…。しかし照明越しに俯瞰するの好きやな、おい。

…というところで次回に続く。前回と似たような引きな気もするけど。